アンダー(VIOライン)の手入れは必須!したくなければ永久脱毛?

皆さんはアンダーヘアに気を使っていますか? 友達などにもちょっと聞きづらいこの問題。女性ならアンダーヘアもしっかりと処理しておかないと、ちょっと恥ずかしいかも? ケアをしておくだけで、いろいろな煩わしさから開放されるので、まだ何も手付かずな人も、今からでもアンダーヘアの処理を行っておきましょう。

アンダーヘアの正しいカット方法

アンダーヘアのカット方法には、はさみや電動トリマーで切る方法や、ヒートカッターや線香で焼き切る方法があります。

 

それぞれのカット法について、メリットやデメリット、注意点などをご説明します。

 

 

アンダーヘアのカット方法の種類と特徴

(1)はさみ

 

はさみで切る方法は、とても手軽でコストをかけずに処理できます。思い立った時に素早く処理できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

 

しかし、毛先が鋭角にカットされてしまうため、下着や水着の繊維から毛が突き出てしまったり、毛先がお肌を刺激してチクチクすることがあります。

 

また、慣れないと上手くアンダーヘアをカットすることができず、毛の長さがバラバラになりがちです。

 

(2)電動トリマー(発熱線カット方式ではないトリマー)

 

発熱線カット方式と比べると多くの毛を一度にカットでき、スピーディーな処理が可能です。比較的簡単に長さをキレイにそろえることが出来ますが、はさみでの処理と同様に、尖った毛先が水着や下着から突き出しやすいのがデメリットです。

 

(3)ヒートカッター(発熱線カット方式のトリマー)

 

一般的に多いのが、コームに発熱する熱線がついたものです。この熱線にアンダーヘアを通してカットします。

 

熱によるカットなので、毛先が丸くなり、チクチク感がなく、下着からヘアが突き出しにくいのがメリットです。

 

デメリットは、一度にたくさんのヘアを素早く処理できないこと。少量の毛を、なるべく塊にならないように熱線にあて、熱が伝わりやすい状態にしてカットするのがポイントです。

 

(4)線香で焼き切る

 

線香の火を消して、赤くなった先端でアンダーヘアを焼切る方法です。ヒートカッターと同じで、カット断面が丸くなるため、チクチク感もなく下着からヘアが突き出しにくいのがメリットです。

 

デメリットは、ヒートカッターのようにアンダーヘアを処理する工夫がないため、ヒートカッターよりさらに時間がかかることです。また、やけどの危険を伴うのでオススメできません。

 

(5)脱毛クリーム

 

どうしても不器用で道具を使えないという方は脱毛クリームがおススメです。狙ったところを簡単に処理できます。但し、効き目は色々です。またデリケートゾーンに使う場合は、クリームの成分にも注意して下さい。敏感肌の方は特に気を付けましょう。

アンダーヘアの正しいカット方法は?

アンダーヘアのカット方法で一番のオススメは、ヒートカッターで焼き切る方法です。

 

時間がかかるというデメリットがありますが、せっかくカットしても下着や水着から毛先が出てしまっては本末転倒です。

 

また、チクチクした刺激がなく、アンダーヘアを安全に処理する工夫がされている点が、他の方法よりも優れていると言えるでしょう。