お金を借りるときローン・キャッシング・クレジットカードどれがいい?

ローン選びで大切な金利比較

返済の負担を軽くするためには、低金利のローンを見つけることが重要です。

 

金融会社ごとの貸付金利、利用限度額、審査の早さは、ローンのランキングサイトでわかります。

 

金利や、限度額など、条件に基づいて検索をかけると、希望に合致したローンを探し出すことが可能です。ローンから融資を受けたいけれども、キャッシング未経験で、どの金融会社がいいかわからない人もいます。

 

選び方で迷ったら、できるだけ低金利のローンを選択することが基本になります。借りたお金に対して、返す時の利息額を計算する時に、金利が幾つに設定されているかが大事です。

 

貸付上限金額は、大事なことは自分が借りたいお金を借りることができるかどうかだけです。500万円を限度額にしている金融会社が多いですが、そこまで高額の融資を受けることはないといっていいでしょう。

 

前提として、500万円の融資を受けるためには、1500万円の年収がなければなりません。融資が決定するまでの早さは、即日から3日程度なので、あまり差はないと考えていいでしょう。銀行の融資も、消費者金融会社からの融資と同じくらい、速やかに受けられるようになりました。ローンの返済額は、低い金利で融資を受けたほうが、利息が増えずに済みますので、重視したいところです。

 

 

 

ローンを利用する時には金利を確認する

金利がどのくらいのローンかを知るには、実質年率を見る必要があります。自分が借りているローンの金利を知っておくことは、融資を受ける時には大事なことです。

 

ローンの商品概要に記載されている金利を見てみると4.5%〜17.5%といった幅広い表記になっているはずです。いくらの融資を行うかで、金利が変動することがあるため、金利額は幅が設定されています。高額の借入をするほど利率が下がる仕組みになっているのです。

 

金利15.0%以下で融資を受けようと思ったら、少なくとも100万円以上は借り入れを行う必要があります。その辺りをわかりやすくするために、借入金額ごとに金利を表記しているところもあります。

 

150万円以下は12.0%、100万円以下は14.5%という書き方がされていれば、金利は明瞭です。金利がわかれば、利息計算も簡単に行なえます。実質年率がわからない状態では、利息計算はできないのです。どのくらいの金利で融資が受けられるのかは、消費者金融会社の場合、審査の結果によって決めます。大手銀行ローンの場合は、WEBサイトなどで借入残高別の利率を表記している場合が多いようです。借りたお金を返しきれないということが起きないように、ローン利用時には金利を確認しておきましょう。

ローンの固定金利と変動金利について

ローンの融資額が少ない場合は、固定金利で借り入れることが一般的になっています。

 

まとまった金額を借り、完済までに時間をかけるという時は、変動金利になりがちです。お金を借りる場合には、固定金利と変動金利とでは、どちらがお得になるのでしょうか。

 

金利が途中で変わることがなければ、最初にローンを利用した時に、利息額が確定されます。しかし、変動金利より、固定金利のほうが借り手にとって都合がいいだということはできません。

 

固定金利にして、金利を一定にしておいたほうが、安心感は高くなるでしょう。

 

しかし、結果的に考えた時には、変動金利で借りたほうが利息が抑えられることが少なくありません。経済情勢が変わることで金利は上下しますが、短い期間でいきなり金利が上がったりはしないものです。

 

住宅ローンなどの高額融資においては、変動タイプのほうがかなりお得になることが多いです。ある程度のリスクが含まれている金融商品は、リスクが排除されている金融商品よりも、結果的な得が大きくなります。安全なローンを利用するのか、お得なローンを利用するのか、どちらを選択するかによって選ぶことになります。消費者金融議会は固定金利のローンを扱っていることが多いですし、銀行は変動金利と固定金利のどちらも扱うことが多いようです。

 

 

携帯からキャッシング契約する方法